0848-63-5070

新たな財源繰り入れで国保税の税率据え置きに!

 市独自の繰り入れで国保税の大幅引き下げを!

三原市は平成28年度の国保税の税率を据え置き、不足する約3億円は国保基金を取り崩して充てる予算案を2月4日に開かれた国保運営協議会に示しました。国保法改正による財政支援金(三原市では1億円程度)は当初予算に計上される見通しです。

三原民商も加盟する三原市国保制度をよくする会は、①国保基金の取り崩す、②国からの財政支援金を当初予算に組み込む、③一般会計からの法定外繰入を行う事を求めて署名運動を行い、昨年12月に天満市長に署名を手渡し懇談しました。

財政支援金を当初予算に計上させ、3億円の基金を取り崩させ保険料の税率を据え置かせている事は私たちの運動による成果ですが、依然として、市民負担の軽減にはつながっていません。

三原市国保制度をよくする会では、24年4月以降、4年間で2万2,294筆の署名を集め、昨年12月3日には5回目の署名運動で集めた4,410筆の要望書名を天満市長に手渡し、市民・中小業者の切実な声を届け、一般会計からの法定外繰入を実現し、国保税の大幅な引き下げを求めていますが、三原市は応えていません。

引き続き、運動を広げ、三原市独自の法定が繰り入れの実現を目指しましょう。2015年12月3日 市長との交渉のポイント 資料②2015年12月3日 市長との交渉のポイント 資料①2015年12月3日(21)

写真は12月3日に行った天満市長への署名提出と懇談の様子

独自の法定外繰入を論戦で迫りたい= 日本共産党三原市議会議員 寺田元子 =

三原市は平成24年度年まで、2年に1度のペースで国保税を約1割値上げしてきましたが、皆さんと一緒に署名を広げてきた事で平成26年以降は「税率据置」という成果を勝ち取ってきています。

しかし、依然として高い三原市の国保税の負担。私は天満市長に三原市独自の法定外繰入を決断し、高い国保税の税率引き下げを議会に提案すべきと3月の予算議会でも論戦に臨みたいと思います。

なんでも相談会が好評

三原民商では、2月17日から6会場で7回にわたってなんでも相談会を開催しています。

今日は沼田東コミュニティーセンターで開催し、相談者が2名来られ、西村会長と寺田事務局長が対応しました。

1人目は会社員の方でしたが、「4月から独立し、開業したい」という相談でした。

2人目は建設業の方で、「5年ほど前に税務調査を受け、税金の滞納で困っている」という相談。

現在、市役所に3月以降の売掛金を差押られているという事で、三原民商の「税金に商売と生活をつぶされないための対策と運動」を紹介し、27日の※要求解決道場に参加してもらう事になりました。

西村会長は「僕も同じような経験をして、民商に相談に行った。『差押を受ける業者とは取引できない』と元請け業者に言われたが、民商の仲間と交渉し、差押を解除させ、元請け業者との関係も正常に戻すことが出来た」と自身の経験を基にアドバイス。

相談者の方も少し安心した様子でした。

相談に受ける時は、出来るだけ仲間の皆さんと一緒に受けることが大切と改めて感じた1日でした。

ちなみに三原民商では尾道民商と共同で、2月5日に2万枚のビラ( ↓ )を一般紙に折り込み宣伝をしましたが、尾道民商では「これまでにない反響があった」とのことでしたが、三原民商ではあまり問い合わせの電話が無く、心配していましたが、徐々に「ビラを見て」と、相談者が増えています。

これから確定申告時期が最終版を迎えますが、三原民商では引き続き、民商なら申告から納税までしっかりサポートを前面に仲間の皆さんと頑張ります☆

※要求解決道場とは・・・

三原民商が毎週水曜日の午後7時から開催している集まりで、中小業者が抱えている要求を持ち寄って、仲間同士、助け合いながら解決を目指そうという中身です。

相談料は無料で、業者でない方でも参加できます☆

毎週の要求解決道場が盛況

仲間同士で支え合い、要求解決目指す三原民商の活動

ブログをご覧のみなさん、こんばんわ。

今回は2月16日に開催した要求解決道場の中身を紹介します。

三原民商では09年10月から毎週水曜日に要求解決道場を開催し、要求ある者を先頭に、仲間同士で支え合い、 要求の解決を目指しています。

16日に開催した道場には総勢11名が参加。

舩木睦士道場長が「私はこの間、『納税の猶予』をめぐって、三原税務署に異議申立をしましたが、みなさんは変わったことはありましたか」と参加者に問いかけ、参加者もこの間の税金につぶされないための取り組みを紹介。

Nさん(鉄筋工事)は「月曜日に県税事務所から『電話加入権を公売する』と通知が届いた。県税とは話し合い、月々分納をしているのにいきなり公売するというのは納得ができない」と報告。これには参加者も怒り心頭。「早いうちに県税事務所に交渉に行こう」「私も事業税の滞納があるので一緒に行きますよ」と話し合い、週明け早々に東部県税事務所と交渉することになりました。

2011.2.16(2)
(経験を交流する参加者)

また参加者はつぶされてたまるかパンフ(全商連作成)を読み合わせ、税金につぶされないための対策について学習。三原民商の要求解決道場は09年10月からスタートしましたが、このパンフは20回以上読んだのではないでしょうか。

2011.2.16(5)
(「つぶされてたまるかパンフ」を読み合わせ学習する参加者)

また、三原民商では前回の道場で毎週第4木曜日を集団分納デーに設定したことから、「みんないけますか」と参加者はそれぞれ確認し合い、時間を確認